NEWS

 淵神社

 神社保育に貢献





   延命寺の開基龍宣が宝珠山万福寺を建立し、その鎮守社として弁財天を祀ったのが淵神社。
  天文年間、 キリシタンにより、寺とともに社殿が焼かれ、以降再建されないままだったので
  すが、寛永11年(1634年)、万福寺とともに弁財天社が再建。淵村の総鎮守として信仰され
  て来ました。明治元年(1868年)の神仏分離令により、弁財天は市杵島姫命の本地仏となり、
  祭神を宗像三女神に改め、「淵神社」と称する神社となりました。明治7年5月に村社に列格し、
  昭和18年、県社に昇格。昭和20年(1945年)8月9日、原爆により本殿が倒壊し、昭和35年
 (1960年)に再建されました。



淵神社の初詣ご案内 ▶▶▶

淵神社本殿に奉納されている絵馬には、元、LUNA SEAの 河村隆一氏のサインや、イタリアの名車「フェラーリ」をデザインした奥山清行氏の写真付きの絵馬が並んでいます。また、2004年に、モナコ、香港に続く、新三大夜景に認定された証を記す絵馬とサインも並んでいます。

  ※ クリックすると拡大します。